2021年版  

有料版セミナー.PNG
無料版セミナー.PNG

 財産や連絡先、思い出の手紙や写真などがデジタルで残ることが当たり前の時代。相続や終活、生前整理をサポートする立場において、デジタル遺品は苦手のままでは済まないようになってきています。

 「デジタル遺品は怖い」という印象を持つ人は多いですが、従来の遺品についての知識があれば、視点の転換ちょっとの勉強で怖さを拭い去ることができます。なにしろデジタル遺品も従来の遺品の一部ですから。

 『マホの中身も「遺品」です』(中公新書ラクレ)や『デジタル遺品』(技術評論社)などを執筆した知見をフルに生かし、プロとしてのデジタル終活スキルを手っ取り早くご提供します。現在の相続・葬送・終活業界では、デジタルに詳しいプロの方が不足しています。ぜひ業界の草分けになっていただき、世の中から不要な不安を取り除いてください。

 有料セミナーは各2時間のテーマを4つ用意しています。コース概要料金概要はこちらをご覧ください。Paetixのページよりご都合のよい日程のチケットをご購入いただき、必要なコースを選んいただければ幸いです。また、毎月20日に1時間の無料セミナーも実施しております。ご安心のある方はぜひご参加ください。

【これまでの受講された方】

生前整理アドバイザー、終活専門家、司法書士、行政書士、葬儀社経営、FPの方など。

 

■コース受講特典■

有料コース受講後は、プレゼンシートとともに「デジタル終活連絡帳」(PDF)をお渡しします

■フルコース受講特典■

4コースすべて修了された方には、裏面が「スマホのスペアキー®」になっている特製のデジタル遺品を考える会認定講座2021 1級修了証」カードをお渡しします。また、修了証および認定ロゴのデータも進呈しますので、ぜひご活用ください。

 

【コース概要】

 

■Aコース「一般向け終活セミナーで使える知識」

・「スマホのスペアキー」を作ればひと安心

・恥ずかしいデジタル遺品はどう隠す?

・デジタル遺品 調査時のキーポイント

・デジタル遺品はなぜ怖い?


■Bコース「デジタル金融資産の探し方」

・ネットの金融資産にはどんなものがある?

・ネット銀行はどう探す?

・ネット証券やFX会社はどう探す?

・○○ペイやポイントはどう探す?

・暗号資産やその他の資産はどう探す?


■Cコース「死後手続きの実際の方法」

・通信契約の解除や承継に必要な書類

・サブスク系サービスの対応

・SNSやブログの死後対応

・仕事で使っているデジタル資産の対応

・手続きの際に注意したい法律


■Dコース「スマホとパソコンの開き方」

・スマホロックの現状と対策

・パソコンロックの現状と対策

・デジタル機器の処分方法

・頼りにできるサポート

 

【料金概要】

(すべて税込み)

■1コースごとの受講

3万円/人

(再受講は1.5万円/人)

■4コースまとめての受講(個別)

10万円/人

(再受講は5万円/人)

■4コースまとめての受講(団体:~12人まで)

30万円/団体

(再受講の人の割合に応じて割り引き)

※コロナ禍のいまはオンライン開催をベースとしていますが、ご依頼があれば可能な限りご指定の場所に伺います(交通費は別途かかります。ご了承ください)。

●デジタル遺品・デジタル終活に関するご相談(※個人の方)

「故人のスマホが開けない」「故人のSNSをどうすればいいか知りたい」など、デジタル遺品に関するご相談がございましたら、可能な範囲でご助言いたします。型番やサービス名、希望する状況などを詳細にお伝えいただくと、より具体的にお答えできます。

●講演・講座、コンサルティング、取材のご依頼

ysk-furuta@nifty.com
​へご連絡ください

 終活イベントで一般の方にデジタル遺品との向き合い方をお伝えする講演を2015年から続けています。2019年からは終活相談を受ける、さまざまな分野のプロの方を対象にした「デジタル遺品を考える会 認定講座」も始めました。また、デジタルと死生に関するサービスについてのコンサルティングも受けつけております。

 スケジュールや企画意図がマッチしましたら全国どこへでも駆けつけますので、内容や講演時間、報酬等に関しましてもお気軽にお問い合わせください。

 

​ 各種メディア様、企業様からの取材のご依頼もこちらでお受けしております。